学生専用ローンとカードローンの違いとは

満20歳以上であるならば、学生がお金を借りるときに大手のカードローンを利用するのも学生専用ローンを利用するのもほとんど違いは生じません。申し込みに必要な書類、金利や限度額などもほぼ同じになります。
違いがあるとすればまずは年齢制限です。一般的なカードローンも大半の学生ローンも満20歳以上を対象にしているのは変わりません。しかし、カードローンの年齢上限が60歳代であるのに対し、学生専用ローンの場合は年齢の上限が20代、30代に設定されていることがあります。学生専用ローンでは利用者が学生に限られます。大学院生も学生に含まれますが、それでも利用者は30代程度までとしているところもあるのです。
融資額、必要書類については両者の条件はほぼ同じです。学生ローンはほとんどの融資上限が、法律上収入証明を必要としない50万円まで、一般のカードローンに申し込んだ場合も若年層ということで収入証明不要の50万円までしか融資枠は認められないでしょう。ただ、カードローンの場合は卒業後も継続利用していくことで融資枠を拡大していくことが可能です。学生時代の利用も実績になりますから、卒業した後も継続してキャッシングを利用したいのであればカードローンのほうが少しお得になるかもしれません。

コメントを残す